♪アズールの等々力的生活♪

日本文化と美味しいものが大好きなアズールの日記です。2008年11月にママになり子育てを楽しんでます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

葡萄色の紬

着物仲間と目黒のリストランテ・サント・スピリトでランチ。
とっても楽しかったです。

今年に入って4回目の着物です。
葡萄色の紬にバティックの作り帯を合わせました。


半衿には銀杏の葉っぱやドングリ等の木の実が刺繍されています。
2年前のぺたこ展で購入したお気に入りの1枚です。
柿の帯留めを付けています。


お太鼓には鳳凰が飛んでいます。

Kimono | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

桜羽織に藤帯

2ヶ月半ぶりの着物。
桜の羽織は数年前に京都旅行中に見つけたものです。
昨年末にショートボブにしたので襟足部分の短い毛を隠すようにウィッグをつけています。また髪の毛伸ばそうかなーと思っています。

蝶の帯留めです。
Kimono | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

だいだい色

私が着物で外出している間、ベニカはパパと楽しく過ごしていたようです。帰宅後、ベニカにも着物を着せて、親子で橙色のコーディネイト。

鏡餅のお飾りである橙(だいだい)は代々家が続くという語呂合わせの縁起物だそうです。

今日は江戸小紋に松竹梅亀甲の型染め帯を締めました。
夏の浴衣以来だったので、着付けに時間がかかりました。
平らな帯締めを結ぶのが苦手です。


元旦にもベニカに着せた着物は、昨年末にヤフオクで見つけました。
綿入り仕立て。地紋は鶴と雲。金糸、銀糸で松や扇が刺繍されています。


90cmの子供用着物は71cmのベニカにはブカブカだったので、肩の部分を適当につまんで裄を詰めました。裄を調節しながら、あと2年位、お正月とお節句に楽しもうと思います。


Kimono | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

作り帯 #6

一昨日プレゼントした作り帯をerikoさんが締めて来てくれました。
可愛い我が子を嫁に出した気分ですが、生き生きしてみえました。
嫁ぎ先の家族(着物)とも相性が良さそうで良かったです。


もとの布はテーブルクロス。9月初めに自由が丘で一緒にお茶した帰りに、アジア雑貨のお店karakoで見つけたものです。素材は綿でインド製。
約15cm角の型を繋げてスタンプして作られたようです。


お太鼓の右端、手先、垂れに黒いボーダーが入るように工夫しました。


お太鼓部分の縫い付け途中経過。裏地は藤色にしました。

Kimono | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

甚平と浴衣

今日はベニカに甚平を着せてみました。
私がランチタイムに外出している間、パパと一緒にお留守番していてくれました。2時間近くお昼寝していたようです。良かった〜。



私は2月の宮参り以来、半年ぶりの着物です。
着物といっても浴衣なので気分は楽チン。

nobさんからいただいたサンゴの髪留めをしてみました。

紫織庵の萩の浴衣に紅い半幅帯の組み合わせです。
erikoさんからいただいた細丸ぐけ帯締めをしてみました。
紅唐草の模様が、サンゴのように感じられました。
Kimono | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

紅唐草の丸ぐけ帯締め

erikoさんから手作りの着物小物をいただきました。
紅唐草の丸ぐけ帯締めは端についてるビーズのバラの飾りがラブリー。「紅白」というのも、発展を意味する「唐草」というのも目出たい模様。やや細めの丸ぐけ帯締めはお気に入りの1本となりました。
コロンと丸いお花の帯留めと手縫いの風呂敷もとっても素敵ラブラブ
どれも、大切に使いたいなと思います。


紅唐草の丸ぐけ帯締めを使って、四季のコーディネイトをしてみました。
着物を引っ張り出すのは久しぶり。いい気分転換になりました。

(1)エンジとグレーのよろけ縞の着物に紅梅の名古屋帯


(2)薄紫の紬に椿と梅の刺繍の黒繻子名古屋帯


(3)単衣のライムグリーン着物にアジサイ色の名古屋帯


(4)萩模様の綿絽浴衣に紅い半幅帯


(5)ブドウ色の紬にピンクベージュの名古屋帯


(6)カラシとエンジのグラデーションの紬に紅いリボン織り名古屋帯


4時間おきの授乳が必要で、ヨダレまみれのベニカの世話をしている間は、着物を着るのは無理。当分先になりそうです。きくちいまさんには脱帽。
Kimono | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

かんざしコレクション

着物の趣味を始めてから、かんざしが増えました。


先日の紅会で、会長引退記念に皆さんからいただきました。朱塗りのものは持っていなかったので嬉しいです。皆様ありがとうございました。


神楽坂駅前のフリーマーケットで見つけました。ビーズが素敵☆


右下のヘアピンはくっしーからのお土産。それ以外は「かんざし屋 富美子」の商品です。その日の気分で、いくつかを組み合わせて使います。


キラキラのぶらさがりタイプと夏用かんざしです。
左から二つ目はerikoさんお手製。イヤリングのリメイクだそうです。


実家から出て来たもの。本物のべっ甲ではないみたい。
黒塗り&パールのかんざしはフォーマルな場で役立ちます。


erikoさんからいただいたフェルトボンボンの髪飾り。
お団子に巻いてます。先週日曜日もつけてました。


銀座の裏通りのお店で見つけたかんざし。桜のようなお花がキュート。



秘密兵器のウィッグ。内側にコームが前後に縫い付けてあるので、ヘアトップと襟足部分の膨らんでしまった髪をすくうのに役立っています。
Kimono | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

市松大島紬にバティック帯

お腹がトノサマガエルのように膨らみ、着物の着付けが難しくなってきました。そこで、本日は、今年のきもの千秋楽とすることにしましたイヒヒ
初登場の市松柄の大島紬に昨夜完成したバティック帯を合わせました。


この着物は、2年前にアンティークモール銀座の「夕顔」で見つけたリサイクル着物です。
気に入ったものなのですが、背中心の部分で左右の市松柄が少しずれているのが気になりました。建築関係という職業柄か、気になり出すと気持ち悪くて、全部ほどいて、一から自分で仕立て直そうと決心しました。身丈がちょっと短めだったのですが、背中部分の縫い込みをほどけば、5cm位、丈が伸びるという利点も仕立て直しのもう一つの理由です。

仕立て直しに取りかかったのは2年前。糸を解くのはすんなりできたのですが、背中心を縫い、身幅を自分サイズに合わせて縫い、表地と裏地がずれないよう仕付け糸で縫い、衿を付け、袖を付け・・・と「少しずつ縫っては畳んでしまう」を繰り返し、できあがるまで2年もかかってしまいました。
一番難しかったのは衿付けです。自分で縫うことで、着物の仕組みが理解できたのは良かったです。プロの仕立て代が高いのは良くわかりました。
Kimono | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

作り帯 #5

約半年ぶりに、作り帯に挑戦しました。

随分前に、アンティークモール銀座の灯屋2で、バティック名古屋帯を見せていただきました。ビーズの刺繍付きがすごく素敵だったのですが、手が出せる値段ではなかったので、自分で作ろうと思いました。

目黒の「時代布 池田」でバティックの布を発見。リサイクル品で、5mm位の小穴が2ヶ所あったので、値段はなんと数百円。


一番大事なのはどの部分をお太鼓にするかです。
火の鳥のような鳳凰が目に入り、これをお太鼓の主役に決定。
すると、前帯、手先、お太鼓の垂れに使う場所が決まりました。


鳳凰には赤と金色のビーズで刺繍を施しました。


お太鼓の裏地(左)と表地(右)です。


その裏側。それぞれに帯芯を入れ綴じて縫い合わせます。


一重巻の前帯は簡単なマジックテープ式。


お太鼓と手先を、見えないところで縫い綴じて形を完成ラッキー


お太鼓の左端と垂れの三角形ギザギザ部分にもビーズ刺繍をいれました。


丸いビーズと3mm位のスティックビーズを組み合わせています。


ビーズ、帯芯、裏地を入れて、材料費は2000円以内でできましたチョキ
Kimono | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

葡萄色の紬

今年の目標である「着物50日」を本日達成しました!
この着物は、2年前の夏に京都のだいやすで購入しました。
着付けを習い始めて間もない頃、浴衣の次に買った、最初の着物です。
帯は昨年、シビラの風呂敷から手作りしたもの。
半襟はぺたこさんのです。

妊娠9ヶ月のお腹はこんなにポンポコリンイヒヒ
帯はいつもより高い位置で締めてます。
Kimono | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -