♪アズールの等々力的生活♪

日本文化と美味しいものが大好きなアズールの日記です。2008年11月にママになり子育てを楽しんでます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

バルスストアのトイレ

中目黒のバルスストアに家具を見に行きました。
トイレに「universal」の文字を発見。That's so cool!
Universal Design | permalink | - | - | - | -

表参道ヒルズ part2

表参道ヒルズに行ってきました。平日昼間、オープンから10日ですがまだまだ混んでます。個人的にはジャン=ポール・エヴァンとティアラが入っているのが嬉しいところです。
自然光を取り入れた中央吹き抜けアトリウムは開放感があり、一瞬にして全体像と自分の居場所を把握できるので人々の心に安心感を与えてくれます。吹き抜けまわりは螺旋状のスロープ通路ですが、表参道と同じ勾配のスロープだそうです。1階から地下に進み地下3階から地上3階までエレベーターで移動し、スロープを下って1階に戻りました。スロープはベビーカーもお年寄りもハッピーですよね。ほとんどの人が下り方向に向かって歩いていました。この構成ってNYのグッゲンハイム美術館と同じですが、安藤さん、ライトのパクリですか?
UDコーディネーターの勉強をしてから、新商品や新環境を見るとUDかどうかをチェックしてしまいます。万人にとってわかりやすく使いやすい。表参道ヒルズはユニバーサルデザインを狙ったのでしょうか?
回転自動ドアで問題を起こした森ビル物件だから、安全性に特に目を向けてるのでしょう。施設デザインは新しさ、奇抜さの前に安全第一ですね。
Universal Design | permalink | - | - | - | -

UDルーム

日本ユニバーサルデザイン研究機構の協力により、京王プラザホテルのUDルームを見学させていただきました。車椅子で移動しやすいように室内の通路巾が広く設計されています。足腰の弱い方でも楽に起きられる電動式ベッドや電動式ソファ、低位置に設置されたハンガーラック、聴覚障害者用の伝達装置など心配りが随所に見られました。通常はスロープなどの障害者用の装置をはずし、ラグジュアリールームとして一般客に使用されているそうです。「どんな人にも対応できる」のが素晴らしいんですね。
Universal Design | permalink | - | - | - | -

UD湯のみ

UD講習最終日。チームでUD製品開発という課題に取り組みました。製品の価格や売上目標設定→コンセプト→ペルソナ分析(各人特性を設定し不便さや理想の抽出)→個別デザイン→チームで集約という流れ。2日間のUD実習、とてもおもしろかった!
嚥下障害の人でも水分を上手に飲める湯のみだそうです。傾けても飲みやすいことが断面を見て理解できますね。
Universal Design | permalink | - | - | - | -

ユニバーサルデザイン

今日はUDの実技講習に参加し、車椅子、妊婦、全盲、視覚障害、聴覚障害など、装置をつけて体験。足首手首におもり・手指テーピング・視覚障害眼鏡・耳栓の状態での老人体験1時間がきつかった。部屋から階段やエレベーターを通り近くのコンビニで買い物し自販機でジュースを買い部屋に戻るという課題。階段の上り下りは当然のことながら、財布から小銭を出して自販機の穴にコインを入れておつりをとり財布に入れるという普段簡単にしている行為が老人にとって大変なことを実感。帰宅途中、東横線渋谷駅でUD対応自販機を偶然発見。右下にあるボタンは車椅子や子供に親切で、荷物置きカウンターや小銭の投入口は誰にとっても使いやすいですね。
Universal Design | permalink | - | - | - | -